各話まとめ

「日に焼けるまで~田舎の従姉弟と姉と弟~」1話あらすじ&レビュー

 

「日に焼けるまで~田舎の従姉弟と姉と弟~」

 

 

達磨さん転んだ&チンジャオ娘の作品

 

 

 

 

 

 

 

ブックライブコミックにて、ついに配信開始!!

 

 

 

第1話 「みんなでちょっと練習してみん?」姉は従弟と、僕は従姉と あらすじ

 

僕たち姉弟は今年の夏休みに

 

父方の実家へ帰省した。

 

 

そして年の近い従姉弟たちに3年ぶりに再開する。

 

 

 

姉の名前は涼音。

 

弟のヒロトからすると2つ年上だ。

 

 

姉弟は昔よく一緒に遊んだものの、思春期に入ってから

 

 

妙に意識してしまい、会話も少なくなっていった。

 

 

 

そして従弟のタケルはヒロトからすると1つ下。

 

 

従姉の愛実はタケルの2つ上、

 

 

つまりヒロトの1つ上である。

 

 

 

 

母親たちはお寺さんなどに挨拶してくると

 

 

子供たち4人を残して出かけてしまった。

 

 

 

 

 

 

昔は時間を忘れ、河原などで遊んでいたものの

 

 

流石に高校生くらいの年ごろになったので

 

 

遊ぶ機会はなくなった。

 

 

 

 

田舎といえば自然だ。

 

 

とはいえ逆をいえば自然しかなく、4人はすぐに

 

 

暇を持て余してしまう。

 

 

 

 

「そうだタケル、ちょっと良いものを見せてやろう」

 

 

 

ヒロトが取り出したのはスマホに映ったAVだった。

 

 

愛実は一緒になってスマホの画面を覗き込む。

 

 

 

「うわぁ…すごいなぁ」

 

 

 

と愛実が言うのだが、どう見てもスマホの画面に映っている

 

 

女優よりも愛実の胸の方が大きい。

 

 

 

「涼音ちゃんはもうエッチしたことある?」

 

 

と愛実は涼音に話しかける。

 

 

 

涼音は戸惑いながらも否定した。

 

 

 

 

どうやら愛実は、都会の子は

 

 

エッチしたことがあるものだと思っていたようだ。

 

 

 

「なんならさ、みんなでこんなこと練習してみない?」

 

 

 

と愛実が言い始めて……。

 

 

 

 

 

結局、『触るだけなら…』という話になり、

 

 

弟組はそれぞれの従姉の前でチ◯コを取り出す。

 

 

 

ヒロトは涼音が絶対に嫌がるはずだと思っていたのだが

 

 

拒否しなかったことに驚いていた。

 

 

 

ヒロトは仮性で、タケルはズル剥けである。

 

 

皮が被っていることをタケルに指摘されるが

 

 

ちゃん手で剥けることをアピールする。

 

 

 

 

「え、これ剥けるん?ウチがやってみていい?」

 

 

愛実が興味津々で尋ねて、そっとチ◯コに手を添えた。

 

 

 

…指が柔らかい。

 

 

 

 

 

「これをどうすればいいの?」と愛実に聞かれて

 

 

ヒロトは下に引っ張るように教えた。

 

 

 

「うわ、本当だ!すご〜い…。この後どうすればいいの?」と

 

 

愛実に聞かれてヒロトは戸惑う。

 

 

 

 

涼音もタケルのチ◯コを触り始めた。

 

 

「上下に激しくシコシコって動かして!!」と

 

 

タケルが言ったことを、愛実も聞いていたようで

 

 

ヒロトのチ◯コを同じように擦り始める。

 

 

 

 

「もっと…もっと激しくやって…!俺そろそろ…出るよ!」

 

 

 

とタケルはいうと涼音の顔に射◯した。

 

 

 

ヒロトも「うっ…!」といい、

 

 

愛実に射◯してしまう…。

 

 

「日に焼けるまで~田舎の従姉弟と姉と弟~」 1話のレビュー

タケルの誘導が素晴らしい!!!

 

もっとはげしく!!とは、

 

きっと恥ずかしさがないのでしょうw

 

 

快楽優先で、男らしいです♪

 

 

 

皆がそれぞれ初めての経験だったようで

 

 

ぎこちなさが残る1話でした!

 

 

さすがにしょっぱなから咥えるシーンはないか~…。

 

と少し残念ですが、初々しさがあったので

 

よしとします♪

 

 

 

涼音とヒロトの姉弟は戸惑い気味ではありますが

 

 

 

愛実とタケルは好奇心のほうが

 

勝っているようですね♪

 

 

 

第2話は、女性陣と交代して攻めるようです!!!

 

 

これは…一気読みするしかありませんね♪